トップ / 薬剤師の志望動機に関して

薬剤師の志望動機について 

薬剤師の志望動機の多くは、患者が本来備えている治癒力を、薬剤という補助手段によって、最大限に引き出すことを目指すところにあります。薬剤の処方については、医師との連携が大切になりますが、患者への的確な処方こそが、早期回復の実現に寄与することになります。また、難治性の疾患に対しては、その解明のための新薬の開発を手掛けて、世の中から不治の病を撲滅することも、志望動機のひとつと位置付けられています。薬剤師が扱うのは薬だけではなく、あくまで患者との接点を大切にすることにあります。

薬剤師における志望動機 

薬剤師という仕事は、体調を崩して病院を訪れた患者に医者が症状をみて処方箋を出したあとに、その処方箋に記されている薬を用意するので、薬に関する豊富な知識が必要です。薬の飲み合わせなどの注意しなければならない点があるので、患者さんによりそって薬を用意して行く必要があります。そのような薬剤師の仕事の志望動機には、個人によって様々なものが考えられますが、まず第一にあるのは、人々の健康を守る手助けをしたいという相手を思いやる気持ちです。まず志望動機としてこうした医療に携わる人間に適した動機を誰しもが持っています。

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.