トップ / 医師のコミュニケーション

医師に必要とされるスキル 

日本は高齢社会なので、これから病院のお世話になる世代もどんどん高齢化していきます。自分よりも年を重ねた患者さんを担当医として治療しなければならない時代です。これからの医師に必要とされるスキルは、患者さんとの対話力でしょう。患者さんとコミュニケーションをとることで、緊張をほぐし、病状をより詳しく聞くことができます。医師より患者さんの方が年上である場合であっても、如何に信頼を得るかという能力が求められる時代です。

医師に必要とされるものは 

医師に必要とされるスキルの多くは、大学在学中から国家試験までにほとんど習得できますが、勤務する病院や科などによっても更なる習得が望まれる場合も多くあります。特に手術室にかかわる場合にはその道の勉強と実績がいりますし、外来を主に担当する場合には、コミュニケーション能力も問われます。相手は人であり、心を持っているので、医師も対人関係を良好に保てることも求められます。また、命を預かる職業であるため、責任感も重要視されます。

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.