トップ / 医師の働きやすさを考える

医師不足を解決するためには 

いま、日本では深刻な医師不足が起こっています。これを改善するために、推し進めていかなければならない事とは、女性医師の社会復帰です。出産や育児などで、一旦は現場を離れた医師でも、職場復帰出来るような仕組みや制度が必要になってきています。また子育てしながらも仕事ができるようになれば、全国の医師不足も少しは改善するのではないでしょうか。たとえば、週3回の28時間勤務、などが出来れば小さな子供のいる女性医師でも無理なく働く事ができます。またこれは女性医師だけでなく、子育てをする男性医師にも適用されます。しかし、現在ではその体制の整っていない病院がほとんどであるのが実情です。なによりも医師にとってキャリアを途切れさせないことが重要です。現場を離れてしまうと、知識が低下したり、技術が衰えたりすることもあるものです。医療の現場は日々進んでいますから、育児休暇を取るにしても、学会誌などをチェックしておく必要があるでしょう。

医師の働きやすい環境とは 

医師にとって働きやすい環境とはなんでしょうか。医師が満足して働き続けるために必要なことは、家族を大切に出来る事ややりたい医療が出来る事などにあります。医師にとって魅力的であると言われている新潟県の制度をいくつかご紹介します。新潟県では、医師の希望を叶えるために、心を配ってくれる機関があります。この機関では医師の希望する医療の内容を細かくヒヤリングし、その医師のやりたいことが出来るように調整してくれます。また、新たに県外から派遣された医師に対しては医療事務補助員を配置したり、研究活動の費用の助成なども行っています。研修医にとっても魅力のある場所で、幅広い患者の対応をすることで、自分の専門分野を選ぶ上で、十分に考えることが出来ます。また新潟では教育環境も整っているので、結婚して、子供が出来た場合でも安心して子育てをすることが出来ます。家族の支えがあることで医師の業務はより充実したものになることでしょう。

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.