トップ / 病気の治療は医師の選び方も肝心

病気の治療にはかかりつけ医院を持っておく 

生きていく上でどんな健康な人でも、病気なってしまうことはあります。そんなときは、普段からかかりつけ医院を持っていてそこで治療を行っていくことが大切です。特に子供のころから、かかりつけになっている医院なら、医師も長く診断を行っていますから、患者の状態もわかりやすいです。病気になったときは、まずは日頃から通っていて信頼できる医院で治療を受けてみましょう。そして、もしその医院で出来ない場合は、更に専門的に診てもらえる大きな医院を紹介してもらいましょう。患者の状態をよく知っている医師なら、紹介してくれる医院にもその状態を伝えやすいですし安心感もあります。また、どうしても改善や診断に不安や疑問などがある場合は、セカンドオピニオンで他の医師の意見を求めることも出来ます。他の医師の意見を求めることで、全く別の方法も見つかる可能性も充分にあります。この場合、医療機関に紹介状や必用や資料を準備してもらう必要があります。希望するときには、主治医にセカンドオピニオンを受けたいことを相談して、診療に必要な書類を準備してもらうようにしましょう。特に、近年はインターネットで調査していくと、不明だと思われた病気がわかることもあるので、色々調べていくのもお勧めです。

病気の治療は医師の指示に従って 

病気は自然治癒するものと病院で治療をうけないと治癒しないものがあります。ですから気になる症状があるのであればほっておいてよいものかそうでないかを知るためにも、きちんと医師の診断を受ける必要があるでしょう。病気は自己判断で解決してしまうことが危険です。今はあまり体に異常がでていなくても、数年後に出てくることがあります。できるだけ早くに適切に治療を行うことによって完治することもありますし、長い治療や入院が必要なくなる事もあるでしょう。また、病気の症状が軽くなるようなサプリメントなども多く販売されていますが、自己判断で使用するのではなく、診察してもらっている医師の指示に従って使用するといいでしょう。市販のサプリメントにはいろいろな成分が配合されているため、使用することで別の体の部分に異常が出てしまうようなこともあります。問題なく使えるかどうかは医師に聞いてみることが大事です。また、同じ病にかかっている人がいても、自分とその人とはまったく同じ症状が出ているわけでもないので、健康管理やケアには注意が必要です。摂取すると体にいいものなどは参考適度に聞いておくと後々トラブルにもならなくていいでしょう。

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.