トップ / 医師の大学院のレベル

医師が大学院に行く理由とは 

医師になるための大学は通常6年教育で、一般の大学の学部の教育と言うより大学院の修士課程までのレベルの教育になります。そのため国家試験合格後もより高度な教育を受けたいと思う学生は、同じ大学内の教育を受けることがより無理のない医師のための教育制度で、3年間の教育課程である博士課程の大学院へ進学するという道があります。その後、海外への留学という選択肢も広がります。海外への留学を考える場合は博士号を取得しているとより専門的な技術や知識を学ぶことができます。

医師の大学院へのニーズ 

研修生から大学院に行かれる方が、けっこういるようです。というのも。大学病院の医局では選択肢の一つとして、その道があります。大学院といえば、研究がその中心ですが、医局ではこれまでもずっと研究でどのような成果を得られるのかというのが重んじられてきました。そのため、若手の医師の大学院進学率は高くなっています。ですが、30オーバーで妻子を養いながらという方もいらっしゃいます。今後の動きはどうなっていくかも注目したいところです。

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.