トップ / 医師に必要な保険とは

医師が入る保険のメリット 

医師賠償責任保険というものが存在しますが、それは、医療行為により、患者やその家族との間に何らかの問題が生じてしまった時に適応されます。賠償金が多額になることも多いため、手術にかかわる人もそうでない人も、加入する場合が多いです。命と向き合う立場である医師も、一人の人間であるため、失敗はあり得ることです。そのため、万一の時に相手の不利益を最小限にするためにも重要な手続きでもあり、自身の今後にも重要です。

医師に関わる保険について 

医師の保険には、自身の勤務スタイルに合わせたプランを構築する必要があります。たとえば、「将来開業するか否か」「医業を継承するにあたって」といった要素が深く絡んでいき、今後の人生に適したものを選んでいくのがベストです。最も認知されているのが、医師賠償責任に関するもので、業務用過失によって生じた損害を賠償するものとなっています。医療行為に関する事柄すべてが対象になっており、自身の医療行為に加えて監督下の看護師などにもあてはまるものとなります。

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.