トップ / 内科の開業に関すること

内科を開業して人々の健康を守る 

人は生きていれば誰しも体調を崩すことがあります。そんなときに、頼りになる医者見てもらうということは、体の不調を治療することができるという直接的な利点の他に、安心感を得ることができるという利点もあります。そのような安心感を人に与えることができる医者になるには、ひとりひとりの患者さんをしっかりと見つめて、症状に対処することのできる内科の開業が最適です。開業して営む医院は、地域の人々へ気持ちを向けて治療することができる環境です。風邪やちょっとした不調を信用できる内科医に見てもらうことができればいいですね。

内科の開業について考えてみた 

個人クリニックでの内科の1か月の収支は、診療報酬が約650万前後ぐらいで、経費は500万ぐらいが相場になります。収益は100万から200万の間ぐらいになると想定されます。内科クリニックの開業資金としては、土地と建物でだいたい3000万は最低必要になります。設備は、電子カルテ・レジスター、診察用ベッド、イス、X線撮影装置、自動現像機、超音波診断装置、心電計、内視鏡、内視鏡洗浄機 のほかに、コピー機などの事務用品なども必要になります

看護士の医療行為に関する情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.