建設業界と聞いて、イメージすることはどんなことでしょうか。家や大きなビルを建てることでしょうか。たしかにそうですが、建設の仕事は非常に多岐にわたります。建築物の規模が大きくなれば、それだけその工事に関わる人も多くなります。建物を造るばかりではなく、解体するのも建設業界の仕事の一つです。また、電気系統の工事を受け持つ電気工事士や、設計の専門家である一級建築士という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。建物ばかりではなく、道路の建設や国の事業などの大事な役割も担っています。現代は、建設業界とは切っても切れない関係だということに気づくでしょう。建設で人々や町の役に立ちたいという夢を抱くのは、素敵なことだと思います。建設業界で働きたいと思ったときの、求人の効果的な探し方をご紹介します。

建設業界とは?その仕事の種類と求人の探し方

先ほども記述しましたが、建設の仕事は工事の規模が大きいほど多岐にわたり、一つの工事を完了させるために多くの人が関わってきます。ということは、大きな仕事が発生すると同時に、その求人も出されるとういうことになります。皆さんご存じのように、2020年には日本にとってたいへん大きなイベントが控えており、競技場の建設工事の求人も多数出ています。それから近年、自然災害が多く発生しており、震災に見舞われた土地の復興のための事業も急ピッチで進められていますので、こちらも人手が必要です。バブル崩壊後に景気が低迷した頃、建設業界も新規採用を見送ったゼネコンがありました。景気が低迷すると公共工事などを控える傾向にあるため、建設業界は非常に景気に左右されやすい業界といえます。しかしながら、大規模工事ばかりが建設の仕事ではありません。では、どんな仕事や求人があるのか見てみましょう。

建設業界は広い!資格を取って有利に求人をつかもう!

建設業界といっても、仕事の内容はさまざまです。建設現場で、多くの人をまとめる現場監督の役割を果たす人、この肩書をもつ人の責任は非常に重いため、ある程度の経験年数が必要です。そのほかにも、実際に工事にあたる大工や左官などの職人、電気工事や空調などの管工事、造園工事など、たくさんの業種があります。自分がどの業種で働きたいのか、また特別な資格が必要なのかも調べておき、就職に向けて資格を取得しておきましょう。建設業界の求人に応募するには、企業のホームページから直接応募する方法や、求人サイトからの応募があります。また、建設業界に特化したサイトもあり、特にどこで働きたいかがまだ決まっていない場合は、こういったサイトで広く探してみると良いでしょう。インターネット上には、志望動機や面接での答え方などをまとめられているものもあります。希望の会社に採用されるよう、いろんな情報を活用しましょう。

建築求人.jpの利用に料金は一切必要ありません。 大手ゼネコンへの就職希望や、大手ゼネコンへの派遣をご案内します。 土木施工管理や建築設計関連等、幅広い職種のご案内が可能です。 派遣が終わる1か月前には次の現場が決まるので、仕事に困ることはありません!経験者は紹介案件の幅も広く、より良い条件をご提示可能です。 大手スーパーゼネコン・サブコン入社へのステップアップしたい方も満足できます。 建設の求人を探すなら建築求人.jp